チャルメラ日記

日々の出来事や思いついたことを綴っていきます

ナチュラルな暮らし〜はじめに〜

2001年11月に布ナプキンに興味を持ち、2002年1月に純石けんに興味を持ちました。あれよあれよという間にどちらもハマってしまいました。「ナチュラルな暮らし」などとタイトルを付けてはみたものの、別に「自然派」にこだわっているわけではないです。ナプキンにかぶれる体質の私は、布ナプキンというものに出会って使ってみたら実に気持ちよかった、布ナプキンのサイトを回っているうちに純石けんに興味を抱き、使ってみたら実に気持ちが良かった。ただそれだけです。
もちろん石けんが万能だとは思わないし、石けんより生分解性に優れた合成洗剤もあります。しかし、ある意味私は「エゴ丸出し」で「自分が気持ちいいから」というだけで石けん生活をすることを選びました。同じ理由で合成洗剤を選ぶ人も沢山いるだろうし、ただ「こんなものもあるよー」という選択肢の一つとして、石けんと布ナプキンを少しだけ紹介したいと思います。

〜石けんに興味を持ちつつある方へ〜
石けんとは「界面活性剤が脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムのみ」であるものを指します。
私はあまり「無添加」にはこだわりませんが、香料とか保湿剤とかの添加されるものは天然のものじゃないとちょっとイヤです。「自然派〜」とか謳ってる化粧品は、けっこう添加物バリバリで逆に怪しいです。同様に「石けんシャンプー」と書いてあっても本当の「石けん」かどうか怪しいので、ちゃんと裏を見てチェックした方がいいです。判断が付きにくいと思ったら、シャボン玉とかパックス(太陽油脂)などの石けんメーカーの物を選ぶのが無難です。
化粧品では表示指定成分でも、台所用となると表示指定の義務が無いものがあるので(エデト酸塩とか)、「純石けん分98%」と書いてあっても残りの2%に危なげな添加物が含まれている可能性があります。「無添加」とはっきり書いてあるものを選びましょう。
化粧石けん(洗顔用とか風呂用とか)はそろそろ全成分表示になってきてると思うので、見りゃ分かると思いますが、「表示指定成分無添加」と書いてあるものは「表示指定成分が入っていない」というだけで「無添加」なわけではないことが多いのでご注意を。

石けんは万能なものじゃありません。薬でもありません。私は石けんに変えてからずいぶんと調子がいいけれど、誰でもそうかというとそんなことはないです。石けんも色んな種類がありますからベースオイルや添加されているハーブの種類などによっても、合う合わないというのが出てきます。もちろん合成の方が合ってる人もいるだろうし。「自分が気持ちのいい方法」を取るのが大事なのだと思うので、合わなそうだと思ったら無理をしないで使用を中止してください。前より格段に調子が悪くなるようでは使っている意味がありませんから...。

オーボエ七つ道具

オーボエ七つ道具

「七つ」ではないけれど、私が普段使っている道具等です。
ありふれているものばかりですけど。

私のオーボエについて 3

私の現在使っているオーボエは、「マリゴー(MARIGAUX)」というメーカーのフランスの楽器で、現在使っている楽器は二代目になります。ちなみに初代もマリゴーで、高校を卒業してわりとすぐに中古で購入した楽器でした。
この思い出深い初代の楽器は、一言で言えば音痴!!そして、ひとつひとつの音のバランスがとっても悪い、わがまま放題な、まるで私自身の様な楽器でした。今思うと、あの楽器を使っていた5年間は、振り回されるだけで過ぎていったように思います。
「オケ(オーケストラ)でマリゴーは吹くものではない」とはよく聞きますが、まさにそう言われる典型のような楽器でした。音抜けだけはマリゴーらしく抜群に良く、演奏会会場の壁を突き抜けるのではないか、というほどの音抜けの良さをしてました。そして、その抜群な音抜けの良さのお陰様で、2ndパートに座った際にはかなり泣かされました。しかし、この音痴きわまりなく音のばかでかい楽器も、「かわいくない子ほどかわいい」ということで、出るはずのないピアニッシモを必死で奏でる様は、なかなかいじらしくて泣けるものがありました。

その先代と別れて、現在私が吹いている楽器と出会ったのは1998年11月。新品で購入しました。「MARIGAUX 28/901」です。
私も仕事などで忙しく、楽器を買おうと思ったときにはとても選びに行ける状態ではなかったので、東京の方にいる友人に頼み込み、選んでもらった楽器です。普通は誰でも自分で吹いて試して買うものだろうと思うのだけど、彼に絶大なる信頼を置き、選んでもらいました。届いて吹いてみたら...大当たりでした。
セミオートの黒いオーボエ。キイはシルバー。なんの変哲もない普通のオーボエです。バランスも良く、マリゴー独特のキンキンとした音。しかも安価モデル。
つくづく楽器というものは「出会い」だなあと思います。高い楽器でも自分に合わないものは合わないですし、安い楽器でも自分に合っているものも実際にあります。もちろんある程度のレヴェルというものもあるので一概に何とも言えませんが、やはり値段ではないのです。「出会い」「運」でしょうか。人と楽器の出会いも、人間同士の出会いと同じです。
良い出会いが出来て良かったと心の底から思っています。大事に使っていきたいと思います。

私のオーボエについて 2

ではリードのことを少し。
クラリネットやサックスはマウスピースに1枚のリードをセットして、息を吹き込み、振動させて音を出しますが、オーボエのリードは2枚重なっていて、その2枚のリードを振動させて音を出します。ファゴットもダブルリード族。お仲間です。
オーボエ吹きは大抵リードを自分で作っていると思いますが、私も他のみなさん同様自分で作っています。不器用なので非常に下手です。市販リードを買うとお金がかかるし、自分の音を出すという意味でも自作リードを使っているわけですが...いつもリード作りには悩まされます。
リードの作り方については、日本オーボエ協会HPあたりを見ると、リード作りに関して書いてる人がいっぱいいると思うので...そちらを参考にした方がいいかと...。

私の場合は・・・
1.かまぼこ型ケーンを購入
2.シェイパーをかける
3.糸巻き
4.荒削り
5.仕上げ

私はリード作りを公開するほど極めていないし、指導も全く出来ませんし、私の作り方は全く参考になりませんので、簡単な字の羅列にとどめておきます。
舟形ケーンを買うと高いので、かまぼこ型ケーンをリード職人の友人から買っています。丸材からやればもっと安くあがるかもしれませんが、道具を揃えるのは大変ですし、リードを作るにも手間がかかるので...私もオーボエだけで生活しているわけではないので、ちょっと丸材から作るのは私の場合は無理ですね。
糸は、シルクは切れやすいのでナイロンを使っています。色は紺色が気に入っています。落ち着いた音がしそうな気がするので...「気がする」だけですが。シェイパーはリーガーのものを使っています。メイキングマシーンも持っておりませんので、全て手削りです。
正直言うと、リード作りはあまり好きではありません。どうも性に合わないというか、好きになれないのですね。リード職人の方々ってすごいなあ、と思います。「削っている時が1番幸せ♪どんな風に仕上がるのか楽しみでしょ」と言われることもありますが、私にはとてもそうは思えません。かなりの苦痛です。だからいいリードが出来ないのだろうなとも思いますが、こればかりは持って生まれた性なので...どうにもなりません。単純に、細かい作業が非常に苦手なのです。
なので、リードに関しての質問はしないでくださいね。(笑)答えられませんので...。

私のオーボエについて 1

みなさんはオーボエという楽器を知っていますか?
日本のオーボエ奏者としてはやはり宮本文昭氏が有名です。かなり前にタバコ(ピースライト)のCMで演奏していましたが...どんな楽器か、というと、大抵は黒塗りのごちゃごちゃとキイのいっぱい付いた、先端に何やら細いものがささっている管楽器です。管が茶色いのもあれば、キイが金色のものもあります。「ダブルリード(二枚舌)」という部類に属し、2枚のリードを振動させて発音します。リードって...何て言ったらいいでしょうか。オーボエの場合はアシの茎(?)の薄ぅいやつ。
私はそんな楽器を14歳より始めました。
livedoor プロフィール
チャルメラ日記ギャラリー
  • 北海道ベートーヴェン協会全曲演奏会のお知らせ
  • 北海道ベートーヴェン協会全曲演奏会のお知らせ
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
  • 170807-08結婚記念日11
メッセージ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: