結婚指輪のサイズ直しをしました。
敗北感も少しありますが…(ーー;)痩せられないのだからしょうがないです。なんとか外した後、1年以上違うリングを着けてダイエットしましたが、ピーク時から2〜3kgくらいしか落ちず、むくみの誤差の範囲くらいしかリングサイズも変わらなかったので、思い切ってサイズ直しをしようと思い立ちました。

しかし、この指輪は「サイズ直しできませんよ」と言われて買った指輪。Pt1000であるため、普通のジュエリーショップでは直してもらえないので頑張って探したところ、実績のあるところが数件見つかりました。
そのうちの一つである「宝石工房 ながお(http://jk-nagao.com)」様にお願いすることにしました。
丁寧な対応でしたが、夫に指摘されてネットでのやり取りに不安を覚えたのもあり、見積もりに送ったものの一時は返送して欲しいと言ったりしたのですが、詳しく説明していただいて不安も解消され、結局直してもらうことにしました。

結果がこの通りです。はめられた♪
でも頑張ってもオーダーより少し小さめに仕上がったので、ちょっときつめというか根元でピッタリ。指の腹の肉がしっかりと邪魔をしてくれるのでそう簡単には抜けません(水や石鹸やクリーム使えば簡単に抜けますが)。もう少し痩せろということですね…緊急時のためにハンドクリーム持ち歩こうかな(笑)
IMG_4312


キレイになって戻ってきました。
買った時はつや消しだったのですが、ピカピカになっちゃいました。多分傷を取ってくれたり磨いてくれたので、そこはしょうがないというかありがたいというか。

買った時。10年の月日を感じますね。
DSCF1049


結構な金額がかかりましたが、夫にお願いして毎月私のお小遣いから積み立てている貯金から支出。買うよりはずっと安くすみましたし、記念日の刻印は消えてしまったものの愛着のある指輪なので、結果的には直しに出して良かったです。

今年は結婚10周年なので、ペアの指輪を着けたかったのです。一緒に買い直そうかとも話しましたが、夫の指輪は全くサイズも問題ないし勿体無いよねということで。
夫はペアにこだわる女心があまりわからないみたいですが、やっぱり一緒がいいよね。たとえ他人から全く気付かれなくても。

次に買い直すとしたらそうですね…銀婚式のときあたりかな。それまで元気に生きていればですが(^^;;その頃にはまたサイズも変わってるかもしれないし…でも、その頃56歳?いらないかも…(笑)